ロゴ
HOME>Topics>法事の食事はどのように行えばいい?マナーや会食場所は?

法事の食事はどのように行えばいい?マナーや会食場所は?

料理

法事の食事とは?

法要の後に、施主が感謝の気持ちとして、列席者やお坊さんを招待して行なう会食の場をお斎といいます。参列者で故人の思い出を語り偲ぶ場でもあります。本来、お斎の際は精進料理を出すのが習わしでしたが、現代ではあまり形式へのこだわりが減り、ホテルなどで会食を行ったり、仕出し弁当を振る舞ったりするスタイルも増えてきています。ですが、いくら精進料理にこだわらなくてもいいと言っても、やはりお祝いのイメージのある食べ物は避けなければいけません。注文する際に、法事で使用する事を事前に伝えた上で、法事用にメニューが無いかどうかを確認しておくのが安心でしょう。

料理

法事の食事のマナーとは

法事の食事にももちろんマナーはあります。まず、法事の食事での席順ですが、まず、お坊さん(僧侶)が出席しているならば、最上座がお坊さんとなります。その次が施主、下座は親族、上座、下座の間は血縁者以外の故人と親しかった一般参列者と続きます。お坊さんが欠席している場合は、最上座は施主になります。また、食事が終了する頃には上座に座っている方から順番に施主が返礼品をお渡ししましょう。

法事の食事のマナーとは種類とは

料理

仕出し弁当・宅配

仕出しの種類には、仕出し弁当・料理、お寿司等、様々なものがたくさんあります。仕出し弁当の場合は予め捨てる事のできるお弁当箱で届くことが多いですが、仕出し料理の場合は使い捨てではない食器で届くことが一般的には多いです。仕出し弁当の良さとしては1人分が予め決められている為気軽に食べる事が出来るなどがあります。

家以外での会食

最近は、法事後に家以外で会食を多くなっている事が多くなっています。例えば、お寺の大広間を貸し切っての会食や、ホテルの宴会場などでも会食ができます。近年では、和・洋・中ジャンルに問わず食事を選ぶ事が出来るからか、飲食店での会食を行なうパターンもあります。ニーズに合わせて会食場所を選ぶといいでしょう。

手作り

ご自宅でお斎をする際には、手作りすることもあります。また、仕出し弁当や仕出し料理が予め用意した量よりも足りないなんて時にも、準備しないといけない事もあります。この時準備する際には法事の食事の際には避けたほうがいい食材を避け、手作り料理の場合は肉・魚はあまり使わず、野菜の煮物・天ぷらや豆腐料理を準備するといいでしょう。四十九日を過ぎていれば肉・魚を食べてもいいですので、やむを得ない場合は肉・魚を使った料理をルールの範囲で出しても問題ないでしょう。